amazonが提供するクラウドサービス「aws」!運用や監視に関するメリットを解説

政府が推進するDXや、IoTがさまざまな分野に広がり、業務のデジタル化に取り組む企業が増えています。デジタル化に必要なデータの保存やシステムの開発環境には、自社でサーバーを運用し、監視する必要がありました。

しかし、開発環境やデータの保存はクラウドで運用、管理する方法が、メリットの多さから注目されています。この記事では、クラウドサービスの「aws」についてメリットを解説しています。

awsの運用に欠かせないlambda

awsとは

aws(amazon web services)は、amazonが2006年から提供する、開発向けのクラウドサービスです。政府が推進するDX(デジタルトランスフォーメーション)やIoTにより、システムやアプリケーションの開発、データの管理に取り組む企業が増えています。

サーバーの本体が必要となる従来のオンプレミス型であれば、開発環境を構築する場合には、サーバーを購入し、立ち上げ、運用、稼働を監視する必要がありました。一方、awsはオンライン上の設定だけなので、多くの工数を減らせます。

また、awsには3つのメリットがあり、1つは安全性です。awsは世界の主要な安全性基準をクリアしており、サーバーは信頼性が高い国に分散して設置されています。もう1つがサービスの追加やアップデートです。awsには、セキュリティやメールの送受信機能、データ保存など、クラウドを利用する目的に合わせた100以上のサービスがあります。

新しいサービスの追加や、既存のサービスのアップデートが実施され、性能や利便性が向上しています。3つめのメリットが、充実した教育コンテンツです。awsを安定して稼動させるには、100以上のサービスから開発用途に合わせて環境を構築し、監視する担当者の育成が不可欠です。

教育に必要なコンテンツも提供されており、awsの安定した運用に有用です。

aws運用で考えたいセキュリティ

awsにも監視は必要

オンプレミス型同様、awsにも監視は必要です。オンプレミス型では、CPUの稼働率や内部・外付けのハードディスクなどのストレージを管理する必要がありました。CPUの稼働率が高くなると、システム全体の動作が遅くなったり、停止したりします。

また、データの蓄積でストレージを圧迫すれば、データ自体を整理するか、ストレージを増設し容量を増やさなければいけません。安定してサーバーを稼働させるために、担当者やエンジニアを配置し、監視する必要があったのです。

awsの場合は、稼働率の管理や把握はクラウドサービスを提供するamazonが行います。それでも監視が必要なのは、追加やアップデートされるサービスから運用に最適なものを選択し、十分なストレージを確保するためです。

実物のハードディスクを増設するような物理的な対処は必要ありませんが、ストレージが足りない場合はオンライン上で設定を変更する必要はあります。サービスも新しいものが提供されたり、アップデートにより仕様が変わったりするので、それらを把握し開発環境に合わせて選択しなければいけません。

また、自社でサーバーを運用しながら、クラウドサービスを利用している企業もあるでしょう。そのような場合には、稼働に問題が発生した際に自社のサーバーに問題があるのか、クラウド側に問題があるのかを把握できるように監視は必要です。

awsの仮想サーバー構築サービス「EC2」

「EC2」は、awsが提供する仮想サーバー構築サービスです。インスタンスという単位でサーバーを管理することが特徴です。たとえば、データの保存とシステム開発をするために2つのインスタンスを設置し、別々に管理するような使い方をします。

全体をまとめて管理するのではなく、データの属性や用途によって分割できるので、それぞれの管理が容易になるメリットがあります。awsの利用料金の違いは、使うサービスの数や保存するデータの容量です。運用までがスムーズなのがawsのメリットです。

しかし、ムダな運用費があると、そのメリットは弱くなるでしょう。EC2のインスタンスによる管理は、ムダな費用を削減し、メリットを最大限にすることにつながります。

awsを費用をかけずに運用する方法とは

awsのエンジニア

開発環境を構築し、変動する状況に合わせてサービスを選択するのがawsのエンジニアです。awsが提供するサービスはEC2を始め、コンテンツ配信やセキュリティなど100以上あります。さらに新しいサービスが提供されたり、既存のサービスがアップデートされたりするので、開発環境に最適であるように変更する必要があるのです。

また、サーバーに保存されるデータが増えた場合はストレージを増設し、安定した稼働を監視します。そのためawsのエンジニアには、awsが提供するサービスとデータの管理に関する知識、ITインフラ構築全般のスキルが必要です。

awsはストレージが増えるほど、利用料金も増えます。awsエンジニアはインスタンスごとのストレージを把握し、ムダな運用費が発生しないように管理しなければいけません。効率的にストレージを管理する知識と整理するスキルが必要です。

また、awsエンジニアはサーバーや回線などの物理的なITインフラ構築ではありませんが、開発するシステムやアプリケーションに適した環境を構築します。awsが提供する開発環境は、小規模なものから大規模なもの、データの保存からAI開発に必要な機械学習まで対応しています。

awsエンジニアは幅広いサービスから、企業がクラウドを利用する目的に合った環境を構築する知識とスキルが必要です。

awsエンジニアの資格

awsの知識を証明する資格は、11種類あります。awsの知識に関して、基礎、アソシエイト、プロフェッショナルの3つのレベルに分けた資格が6種類あり、専門的な知識に関する資格は5種類です。専門的な知識は、「セキュリティ」、「データベース」、「機械学習」、「ネットワーク」、「データ分析」があります。

DXやIoTにより、業務のデジタル化やシステム開発に取り組む企業は増えることが予想されます。開発向けのクラウドサービスのシェア1位はawsです。さらに需要が高まることが予想されるawsに関する知識やスキルを証明する資格は、就職や転職、キャリアアップに有利になるでしょう。

メリットが多く、需要の高まりが予想されるaws

amazonが提供する開発向けのクラウドサービスは、運用までがスムーズで、幅広い用途に対応しています。自社でサーバーを運用、監視するケースに比べ、メリットが多くあります。しかし、メリットを最大限に発揮するためには、awsに関する知識とスキルを持つエンジニアが必要です。

業務のデジタル化や効率化に取り組む際には、awsの利用やエンジニアの育成を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

投稿日: