awsの運用に欠かせないlambda

awsはクラウドサービスの一つで多くの企業で利用されています。EC2などのインスタンスやアプリケーションを契約してクラウド上で利用するサービスですが、それをつなぐプログラムの実行にはlambdaを使用するのがおすすめです。

lambdaを利用するメリットやコストを削減する仕組み、lambdaの利用価値や拡張性などの特徴について紹介します。

awsでサーバレスを実現するlambda

オンプレミスでシステムを構築する際には必ずサーバを必要としますが、クラウドサービス提供側がサーバを用意するawsはサーバレス環境でシステムを構築することができます。クラウド上にあるサーバを意識せずにアプリケーションやデータベースを利用できることは、開発の高速化と運用コストの低減を実現します。

構築するまでの期間をオンプレミスと比較して大幅に短縮させることができるため、即効性のあるシステム構築が可能です。また、開発コストやサーバの維持費用などを最小限にとどめます。クラウド側にあるサーバを動かすためには、定義されたプログラムを介する必要があり、この役割を担うのがlambdaです。

lambdaは単体では利用できず、awsの他の機能と組み合わせて利用します。lambdaの前後に隣接する機能が必要で、まずプログラムの書かれたlambdaを起動するためのトリガーを設定する必要があります。

また、lambdaの後続処理は、インスタンスやアプリケーションなどがあります。

lambdaのプログラムには分岐などを設定することも可能であるため、入口は1箇所でも出口を条件に応じて複数設定することもできます。また入口にあたるトリガーも処理工程の中に組み込まれる通常のトリガーの他に、特定のイベントの発生に応じて起動させるような仕組みの構築も可能です。

aws運用で考えたいセキュリティ

lambdaを利用するメリット

lambdaはlambda関数を用いたプログラムで、インターネットを通じて実行します。関数を利用することで実行プログラムを簡単に構築することができます。アプリケーションを複数連動させて稼働させたり、異なる処理を一連の処理として組み合わせたり、条件によって異なる処理をセレクトさせたり、特定のイベントをトリガーにプログラムを起動させるような複雑な処理を実現するのに最適です。

lambdaを介して別なインスタンスやアプリケーションを起動させる方式であるため、プログラムを細分化させることが可能になり、リスク対策にもなります。具体的な事例としてファイルアップロード時をトリガーとして処理開始させる、毎日決まった時間にファイルを読み込むプログラムを起動させるなど、必要な時に必要なプログラムを起動させるような仕組みを簡単に構築できます。

また、ユーザがアクセスしたことをトリガーに認証作業を実行させることや、データ更新を実行した際にバックアップファイルも自動で行うなどセキュリティを高めるような動作も構築できます。

コスト管理にも最適なlambda

lambdaはコスト管理にも最適です。プログラムコードが実行される単位で課金されます。具体的には1ミリ秒毎に課金されますが、プログラムが実行されていない時間帯は課金されないため、必要なコストだけにとどめることができます。

EC2など常時課金されているアプリケーションと比較すると大幅にコストダウンすることができます。ただし、頻繁にプログラムが実行されるような仕様にする場合には、EC2よりもコスト高になってしまう可能性があるため注意が必要です。

また、システム全体のパフォーマンス改善による処理コストを抑えることができるため、システム全体的なコストを下げることも可能です。

lambdaの利用価値

インスタンスやアプリケーションの稼働状況はawsのCloudwatchなどを利用して監視を行いログ管理することで知ることができますが、連続稼働している場合には、一つの動作と認識されてしまうため、正しいリクエスト回数と認識されないケースがあります。

lambdaを使い、インスタンスやアプリケーションの動作開始のトリガーを明確にすることで、正しいリクエスト回数を計測することが可能です。

方法はlambdaにCloudwatchを設置するだけであり、ログ監視でトリガーの発動回数を計測します。また、lambdaにはオートスケーリングと呼ばれる便利な機能があります。イベント実行の頻度がスパイクした場合など、通常のプログラム実行では遅延を発生させてしまいますが、lambdaはオートスケーリングが起動し、リクエスト受信の回数に合わせて自動的にスケールを調整します。

必要な時に必要なコードのみを実行する仕組みであるため、細かな調整が可能。単純にプログラムを実行するだけの機能ではなく、常に最適になるようにコントロールされているため、システムの中核に位置する場面でも安心して利用することができます。

エラー時のオートリトライやタイムアウト時間の設定なども組み合わせることができます。

amazonが提供するクラウドサービス「aws」!運用や監視に関するメリットを解説

拡張性が高いlambda

lambdaは拡張性の高さも魅力です。拡張性とは機能の拡張性ではなく複数処理を受けたときに自動で行う拡張機能です。処理が一定ではなく、トラフィック状態が安定していない状況下で一定のパフォーマンス維持を行うことができるようにlambdaには拡張機能を備えています。

処理が膨れると自動的に処理用のインスタンスが起動し、自動拡張されるため、利用者にストレスをかけないようにしてプログラムを処理することができます。この拡張機能は、同時実行数が最大1000まで対応可能。さらにこの上限を意図的に引き上げることも可能であるため、トラフィックが集中しても遅延リスクを最小化させます。

トラフィックの集中はプログラムの起動回数だけでなく、画像や動画などの容量が大きいファイルなどが介在している場合には、発生しやすくなります。高画質な画像や様々な動画を取り扱うケースが増えていることに対する対策や、一時的なアクセス集中に対するサーバの増強のコスト回避などを実現することも可能です。

lambdaを介することで処理速度を向上させることができるため、awsに積極的に利用するケースも増加しています。

awsにはlambda運用がおすすめ

awsはサーバレスのクラウドサービスですが、プログラムの実行にはlambdaを利用するのがおすすめです。連続処理の一環やトリガー、条件分岐などに利用することができます。

インスタンスやアプリケーションとの接続に利用され、コストなどを抑える副次的効果もあります。lambdaを上手に組み合わせることでシステム全体のパフォーマンス向上に寄与します。

投稿日: